ショッピング枠現金化はカード会社によっては厳しいペナルティがあります。

ショッピング枠現金化に厳しいクレジットカード会社

 

クレジットカードのショッピング枠現金化には、これを取り締まる法律が存在しません。
そのため、現状では各カード会社が個別に利用規約によって現金化を禁止するという形で対応しています。
つまり、カード会社によって現金化に対する姿勢に違いがあるのです。

 

そしてその中には、現金化に対して比較的甘い会社と、厳しく対応している会社があります。
以下では、特に後者のカード会社について紹介していきたいと思います。

 

どのカード会社も現金化を禁止している

ショッピング枠の現金化については、これを一律に取り締まる法律が存在しないため、カード会社がそれぞれに利用規約を作って禁止事項としているというのが現状です。
これはほとんどのカード会社が行っていることで、どのカード会社でも現金化が明らかになった場合には何らかのペナルティを課すという決まりになっています。

 

もちろん、そのペナルティの厳しさには会社によって違いがありますが、何らかの処分が行われるという点ではほとんど共通しています。

 

要するに、カード会社はどこも顧客に現金化をしてもらいたくないと考えているのです。

 

現金化に厳しいカード会社

 

既に述べた通り、カード会社の中には現金化に厳しい会社があります。
クレジットカードはどの会社と契約しても同じと考えられている人も多いですが、現金化への対応という点に限って言っても会社によって大きな違いがあるのです。

 

では、現金化に厳しいカード会社とは一体どんな会社なのでしょうか。

 

NGを出す女性

まず初めに知っておくべきは、現金化をしたからと言って、即刻利用停止処分を受けるわけではないということです。
現金化に厳しいカード会社と言うと、「現金化にはすぐに利用停止処分で対応する」と考える人が多いですが、実際にはそうした対応は行われていないのです。

 

では、どのような会社が現金化に厳しいカード会社なのかと言うと、それは現金化の疑われる場所で使用することの出来ないカードの会社ということになります。
具体的に言えば、換金性の高い商品を販売している場所では使用することの出来ないクレジットカードということです。

 

つまりこうしたカード会社は、現金化に対して事後的に対応するのではなく、事前にそれを予防する為の手を打っているのです。

 

さてそれでは、「換金性の高い商品」というのは一体どのようなものなのでしょうか。
これについては、おそらく皆さんも大方察しが付いていると思いますが、換金性の高い商品というのは多くがブランド品と呼ばれるもののことを指しています。

 

例えば時計で言えば、ロレックスやオメガなどがこれに該当します。
こうした商品が販売されている場所(お店)では、現金化に厳しい会社のカードは使用することができないのです。

 

具体的なカード名を挙げると、JCBカードやアメックスカードということになります。
これらのカードは、換金性の高い商品を販売しているお店では使用できないことがほとんどです。
反対に、VISAカードなどはそうしたお店でもほぼ例外なく使用することができます。

 

JCBカードやアメックスカードはペナルティも厳しい

JCBカードやアメックスカードといったクレジットカードは現金化に対して事前に厳しいハードルを設定していますが、現金化が行われた後の対応にも厳しいものがあります。
他のカード会社であれば多めに見るところでも、厳格な対応を行っているのがこれらの会社の特徴なのです。

 

また、現金化をする際には悪質な業者も多く存在しますので、運営実績がきちんとある優良な業者を選ぶことも大事です。
現金化できるカードを持っていても、悪質な業者に捕まってしまえば元の子もありません。

 

悪質な現金化業者の特徴