ショッピング枠現金化業者を利用するリスクや安全性について解説します。

ショッピング現金化業者を利用するのは本当に安全?

 

クレジットカードのショッピング枠現金化と言えば、今や現金化業者を利用することが常識となっています。
現金化業者の数も、数年前とは比較にならないほど増えてきています。

 

さてそこで気になるのが、業者を通して現金化を行うことが安全かどうかという点です。
もしも安全でないのであれば、当然現金化業者を利用することは避けなければなりません。
果たして、実際のところはどうなのでしょうか?

 

ショッピング現金化業者は今や不可欠の存在に

ショッピング枠の現金化という行為は昨日今日に始まったことではありません。
この行為自体は数年前から既に存在していました。
しかし、ショッピング枠の現金化が行われた当初には現金化を専門とする業者は存在していませんでした。
その当時は、ショッピング枠を使って購入した商品をリサイクルショップなどに持ち込んで現金化していたのです。
現金化業者が登場してきたのは、それからしばらく遅れてのことです。

 

ショッピング枠現金化でお金を手に入れた女性

 

そしてそれ以降は、ショッピング枠の現金化をする際には業者を利用することが当たり前になり、現在ではこれら現金化業者が必要不可欠の存在になっています。
現在行われている現金化の流れを簡単に説明すると、まず初めにクレジットカードのショッピング枠を使って何らかの商品を購入します。

 

この商品はほとんどが換金性の高い品物になります。
次に、購入した商品を現金化業者に持ち込みます。
それから後は、持ち込んだ商品を買取ってもらって現金を受け取るだけです。
手続きは非常に簡便なもので、審査の必要も全くありません。
クレジットカードを持っている人であれば誰でも現金化を行うことができるのです。

 

業者を通しての現金化は安全なのか?

ショッピング枠現金化業者を利用することが当たり前になった現在では、現金化を行う=現金化業者を利用する、という状況になっています。
そこで問題になってくるのが、現金化業者を利用することが安全かどうかということです。

 

結論を先に言うと、現金化業者の利用は基本的には安全です。

 

既に述べた通り、現金化を行う際には商品を購入して、それを現金化業者に売却するという作業を行うことになります。
この流れ中で何らかの違法行為があれば、その行為は決して安全であるとは言えないわけですが、これらの行為のどこにも違法性はありません。
ショッピング枠を使って商品を購入することも、その商品を現金化業者に売却することも、どちらも合法なのです。

 

ですから、法律的な面だけを考慮して安全かどうかを判断すれば、間違いなく安全だということになります。
しかし、「基本的には安全」と述べたように、合法だからと言ってあらゆるリスクから逃れられるというわけではありません。

 

一番分かりやすい例で言えば、現金化業者を利用することには悪質な業者に引っ掛かるという危険性があります。
悪質な業者に引っ掛かってしまうと、個人情報が流用されたり、法外な手数料を取られてしまったり、異常に低い換金率で現金化させられたりします。
また最悪の場合には、売却した商品が1円も現金化できないということもあり得ます。

 

ですので、現金化業者を利用する際にはこうした悪質業者に引っ掛からないように十分に注意しなければなりません。

そうしなければ、本来安全なはずの現金化も非常にリスクの高い行為になってしまいます。