ショッピング枠現金化は利用者と業者のどちらも逮捕されるようなことはありません。

ショッピング枠現金化は逮捕される事はあるのか?

 

クレジットカードのショッピング枠というのは、現金化を行うために存在しているものではありません。
現金化というのは、それを本来の目的から外れた方法で使っているわけです。
従ってそこには、当然ながら「法律に違反しないのか?」という疑問が出てきます。

 

倫理的に問題があるという程度であれば行動を改めれば事足りますが、もしも法律に違反していれば逮捕されてしまうという可能性もあります。
果たして、ショッピング枠の現金化は逮捕にまで至ってしまうようなことなのでしょうか?

 

現金化業者が逮捕された

古い事件なのでご記憶の方は少ないと思いますが、2011年にクレジットカードの現金化業者が逮捕されたという事件がありました。
逮捕容疑は、貸金業法違反と出資法違反の2つだったと報道されています。

 

1枚のクレジットカードの画像

 

通常、金融業者であれば貸金業法に基づいて監督官庁に対する登録をしなければなりませんが、
この業者は事実上の金融業者(表向きは現金化業者)であるにもかかわらず登録を行っていませんでした。
また、出資法で定める上限金利についてもこれを全く無視して法外な金利を取っていたため、この点でも法に反していると判断されました。

 

この業者は、ホームページ上では「公安委員会の許可を受けている」という記載を行っていました。
そのため、利用者のほとんどは合法な業者だと考えて商品を売却していたはずです。
しかし実際には、この業者は「古物商の許可」を得ていただけで金融業者としての許可は得ておらず、それ故に逮捕されることになったのです。
要するに、金融業者としての許可を得ていないことを隠すために、「公安委員会の許可を受けている」といった曖昧な表現をして利用者を騙していたのです。

 

利用者が逮捕されたことは無い

クレジットカードの現金化業者が逮捕されたという報道は、2011年以降も度々行われてきました。
このことから、現金化業者の中に違法な会社が存在しているということは明らかです。
しかし、クレジットカードの利用者が逮捕されたという事実はいまだかつて報道されたことがありません。

ちろん、不正利用などの理由で逮捕されたということは何度もありましたが、現金化によって逮捕されたということは無いのです。

 

実はカード会社も儲かる

 

ショッピング枠の現金化は違法ではない

 

さてそれでは、何故現金化業者が逮捕されても利用者は逮捕されないのでしょうか?

 

答えは簡単で、そもそもショッピング枠の現金化自体は違法ではないのです。

 

だから、それを行う利用者が逮捕されることは無いのです。
現金化業者が過去に逮捕されたのも、現金化を行っていること自体が違法だったわけではなく、既に述べた通りの逮捕容疑によって警察が動いた結果です。
ですので、今後も法律が改正されない限り現金化を行う利用者が逮捕されることはありません。

 

しかしその一方で、利用者には法律とは違うもう一つのルールが存在しています。
それが、クレジットカード会社の利用規約です。

 

カード会社は法律とは別にクレジットカードの利用について利用者を縛るルール(規約)を設けており、
これに違反した利用者は利用停止などのペナルティを課せられることになるのです。
そしてペナルティの対象となる行為の中にはショッピング枠の現金化も含まれているのです。