加盟店手数料や利用毎の手数料によってカード会社は利益をあげています。

ショッピング枠現金化は実はカード会社も儲かる

 

クレジットカードのショッピング枠現金化に対しては、各カード会社が個別に規約を作って禁止しています。
これは当然、カード会社にとってショッピング枠の現金化が望ましくない行為だからですが、実はそうでない一面もあります。
と言うのも、ショッピング枠の現金化によってカード会社は損をするどころか、反対に儲かっているのです。

 

では、一体何故カード会社が儲かるのでしょうか?

 

現金化で儲かるのは現金化業者とカード会社

 

ショッピング枠の現金化を行う際には、ショッピング枠を使って購入した商品を現金化業者に売却するという形が取られます。
この時、儲けを得ることができるのは現金化を行う業者です。
現金化を行っているクレジットカード利用者の中には自分が得をしていると考えられている人もいるようですが、利用者はただ借金を背負って現金を得ているに過ぎません。

 

そして、現金化業者の他に儲けを得ているのが今回取り上げているカード会社です。

 

カード会社は表向きはショッピング枠の現金化を規約によって禁止していますが、実は禁止をしなくても損をするというわけではないのです。
さて、そこで気になるのが何故カード会社が現金化によって儲かるのかというところですが、この点については次の段落で説明したいと思います。

 

カード会社は「加盟店手数料」で儲かる

 

皆さんもご存じの様に、クレジットカードはあらゆるお店で使用できるわけではありません。
クレジットカードによる決済に対応しているお店もあれば、現金での決済にしか対応していないお店もあります。
この両者の内、前者のカード決済に対応したお店のことを「加盟店」と言います。
この加盟店は、「加盟店手数料」と呼ばれる料金をカード会社に対して支払っています。
加盟店としては、この手数料は利益を減らす一因になってしまいます。

 

札束の山の画像

 

しかし、決済方法を増やして客層を広げるため、この手数料を支払っているのです。
そんな加盟店手数料ですが、実はこれはショッピング枠現金化によってカード会社が儲かる理由になっているのです。
と言うのも、ショッピング枠の現金化を行うためには、クレジットカードのショッピング枠を使って何らかの商品を購入しなければなりません。
そしてそのためには、必然的にクレジットカードでの決済に対応したお店、つまりは加盟店で商品を購入しなければなりません。

 

すると当然、既に述べた様に加盟店は利益の一部から加盟店手数料をカード会社に支払わなければならないわけですから、カード会社にも利益が生まれることになるのです。
これが、ショッピング枠の現金化によってカード会社が儲かる仕組みです。
カード会社にとっての現金化は貸倒リスクなどの問題がある一方で、この様な利益にもなっているのです。

 

業種別の手数料率

 

クレジットカードの加盟店には当然ながら色々な業種があります。
そして業種が違えば手数料率も変わってきます。

 

例えばデパートでの手数料率は2~3%で、その他の小売店や専門店では3~5%に設定されており、飲食店やバー・クラブなどでは4~7%、風俗店では7~10%となっています。

 

このように、業種が違えば手数料もかなり大きく変わってくるのです。
ちなみに一番手数料率が低いのはコンビニや家電量販店で、この業種の手数料は1~1.5%となっています。